髪が抜けるメカニズム

今日は、髪が何で抜けるのか、メカニズムについて、

書きますな。

髪ってそもそも平均で10〜12万本はえてて、

1日にだいたい、50〜100本抜けてるんだよね。

100本1日に抜けるとしてだいたい15分に1本は

抜けてるんだな。

でも、大丈夫同じくらい新しい髪が作られてるから

心配ご無用!!

正常な髪の一生は、まず

成長期っていうのが2年〜5年あって、どういうことかというと

ひたすら、毛母細胞が髪を生成し続ける期間。

次に退行期っていうのがあって、毛母細胞が衰える期間。

だいたい2週間くらい。

今度は、毛母細胞の活動が完全に止まって脱毛を

待つ時期を休止期。

3ヶ月くらいで、髪は自然に抜け落ちます。

そのあと、一休みした毛母細胞はまた、活動開始。

髪の全体の10%くらいが休止期!!

これが、髪の一生かな!!

これ、かなり大事だから

テストに出すぞ〜〜〜(一回言ってみたかった)

そんで、もって髪の毛って大事な役割が3つある。

でも、大事な役割があるんだけど、

体に何らかのストレス、ダーメージがあって

生命維持に関わる免疫力が低下してしまうと、

生命維持には不要な頭髪へのエネルギー供給を

体は減らしていくから毛が無駄に抜けていく。

あー悲しい

なので、まずは健康!!

また、話を戻すと、

何のために髪があるのか

美容師さんが食いっぱぐれないように!!!

じゃなくて

頭の保護。これは、紫外線だったり、衝撃だったり。。。。

感覚器官。これって、毛根の近くの細胞が

外部の刺激に反応して察知してくれるんだな

触覚ダーーーー

不要物の排出。人体に有害な物質を毛乳頭から

髪に取り込んで、外に排出するんだな。

すげー〜〜〜だから、薬物検査とかにも